光触媒について

光触媒パルクコートに関する Q&A

Q: 光触媒と普通の触媒とは、どこが違うのですか?

A:触媒とは、「それ自身は変化しないが、反応を促進するもの」と定義づけられます。よって、光触媒とは、「それ自身は変化しないが、光を受けることによって反応を促進するもの」となります。



Q: 光触媒にはどんな物がありますか?

A:光触媒になる物質には、光伝道物質、半導体及び有機金属錯体がありますが、市販されている光触媒は、ほとんど半導体である二酸化チタン(白色の粉末)です。


Q: 光触媒はどのように利用されますか?

A:二酸化チタン光触媒に光が照射されると、活性酸素が発生します。

  この活性酸素が光触媒表面に吸着した有機物を酸化分解します。

  この分解作用が、防汚、脱臭、殺菌、ガス分解等の分野に利用されます。


Q: どんな光でも光触媒に作用するのですか?

A:二酸化チタン光触媒が作用する光は、主に400nm以下の波長の紫外線です。

  この紫外線は太陽光中に約3%含まれており、蛍光灯の光にもわずかに

  含まれており私たちの生活環境に常に存在しています。また、研究開発が進み可視光に反応する光触媒も製品かされています。


Q: 弱い光でも光触媒に作用するの?

A:一般の生活レベルでの消臭・除菌などは蛍光灯に含まれる紫外線でも十分な効果が得られます。ただし、飲食店や喫煙室など除去したい物質の発生量が多い場合は、ブラックライト(UVランプ)等で紫外線量を確保することが有効になります。


Q: 光触媒及び光触媒により発生する活性酸素は人体に有害ではないの?

A:二酸化チタンは、以前から化粧品や食品添加物として使用されており人畜無害で安全な物質です。また、発生した活性酸素種は光触媒表面から空気中に飛び出して漂うような事はありませんので、人体内に取り込まれることはありません。


Q: 光触媒の効果は持続するのですか?

A:光触媒は、それ自身は変化しませんので、基材の表面に存在する限り、半永久的に効果が持続します。ただし、光触媒表面への汚染物の蓄積量が分解量を上回る場合は、光触媒機能が蓄積量に負け徐々に機能を失ってしまいます。ただし、蓄積した物質を取り除けば光触媒機能は復活します。施工に当たっては、目的、状況に応じ、膜の機能密度および膜厚、溶液の選定、紫外線量の確保など事前調査に基づき対応します。


Q: パルクコートはなぜバインダー(接着剤)を必要としないのか?

A:バインダーとは、粉末状の酸化チタンを膜にして固定するために用いる接着剤のことです。酸化チタン自体は無害であっても、バインダーが有害です。また、有機バインダーの場合、光触媒作用により分解され膜が劣化してしまいます。パルクコートは、特許工法による水溶性酸化チタン(水に溶ける性質)と純水のみの安全無害なコーティング剤です。乾燥後の膜は酸化チタン成分のみで、経時変化を起こさない安定した状態を維持します。


Q: パルクコートの液は二酸化チタンがなぜ沈殿しないのですか?

A:パルクコートに含まれる二酸化チタンはペルオキソ基という官能基が結合していて、周辺に配位するイオン同士が反発することで酸化チタンを水中に浮遊させています。


Q: パルクコートの安全性が高いというのはなぜですか?

A:パルクコートには酸化チタンと水以外の物質は含まれていませんから非常に安全です。



Q: パルクコートはどんな基材にも塗布出来るのですか?

A:どんな基材にも塗布可能です。ただし、プラスチックや塗装面のように有機物の面で、かつ、直射日光が当たる場所に塗布する場合は、光触媒を直接塗布すると、基材表面が光触媒機能により安定せず、膜がはがれてしまいます。このような場合は必ず、基材表面に無機質の保護層を塗布し、この上に光触媒を塗布します。また、撥水性の強い基材に塗布する場合も、下処理や添加剤の併用が必要な場合があります。


Q: パルクコート塗布膜の寿命はどのくらいですか?

A:パルクコートの塗布膜は基本的には劣化しませんが、基材の劣化に伴い剥がれ落ちることがあります。ガラス、タイルのような無機基材の表面に塗布した場合は半永久的と言えますが、その他の場合は基材の性質、寿命に準じて変化します。


Q: パルクコートを室内や車内に塗布する場合も必ず

  保護剤を塗る必要はありますか?

A:パルクコートのラインナップには光触媒機能と定着性を兼ね備えたタイプがあり直接塗布が可能です。このタイプは、光触媒機能を持つアナターゼ結晶二酸化チタンと光触媒機能を持たないアモルファス二酸化チタンの混合液で、室内や車内において十分な定着性と光触媒機能を発揮します。


Q: パルクコートを塗布した場合、虹色の千渉膜が出来る事はありませんか?

A:酸化チタンは屈折率の高い物質です。基材が濃い色の場合などに、光の乱反射で虹彩色がでます。このような基材には、パルクコートを出来るだけ少量ずつ薄く、回数を多くして均一に塗布します。


Q: パルクコート液はどのように保存すればよいですか?

A:常温で光の当たらないところに保管します。ただし、0℃以下では凍結しますので、寒冷地では注意が必要です。5℃~15℃が理想的です。また一度取り出した液は元の容器に戻さないで下さい。

光触媒とは

光触媒の優れた機能


「ひかりしょくばい」?なんだか難しそうですが、簡単に説明すると・・・  光触媒加工された表面に、空気中を浮遊しながら近づいてくる「細菌・雑菌・カビ菌・ウイルス・シックハウスの原因となる化学物質・悪臭・ヤニ汚れ・・・」の有害物質などを光の力で分解無害化してしまう作用のこと。
 その正体は「二酸化チタン」。チタン合金は軽くて丈夫、体に良いと、現在
もてはやされているおなじみの金属。その主原料のチタンを酸化させたものが「二酸化チタン」。 二酸化チタンは『太陽光や室内照明などから出る日常的に存在する光の力』を受けることによって、その表面で強力な分解力が生まれ
ます。また、製品に使用するコーティング剤「PALCCOAT」は人畜無害で安全です。コーティングされた二酸化チタン自体は半永久的に変化しないため、光が当たる限り繰り返しこの作用が持続する不思議な物質なのです。
 ようするに、光触媒は 『光が当たることによって様々な有害物や悪臭、汚れなどを分解し、快適環境を繰り返し作り続けます。』


光触媒とは……
Photocatalyst
酸化チタンの持つ特性で、太陽光や蛍光灯などの光エネルギー(紫外線)があたると、その表面に強力な酸化分解力が発生し近づいてくる様々な物質を分解します。酸化チタン自身は何ら変化しないため、光を受けることによって、この作用が繰り返し起こります。


酸化チタンとは……
Titanium Dioxide
酸化チタンは白色の粉末(超微粒子)で古くから白色顔料として使用されています。塗料をはじめ歯科材料、歯磨粉、化粧品など、また無味無臭で人畜無害なため食品添加物(着色料)としてホワイトチョコレート、お菓子、ガムなどにも幅広く使用されています。
  • ※正確には「二酸化チタン」ですが、食品添加物の表示で「酸化チタン」とするように義務付けられています。

光触媒のしくみ
酸化チタンに光エネルギー(紫外線)が当たると、その表面から電子(-)が飛び出します。飛び出した電子は空気中にある酸素と結びつき「O2-」(スーパーオキサイドアニオン)を生成します。

電子が飛び出した表面はプラスの電荷を帯び空気中の水分(H2O)から電子を奪い元に戻ります。一方、電子を奪われた水分は「・OH」(ヒドロキシラジカル)となります。
電子の抜けた穴があき「プラスの穴」正孔(せいこう)と呼ばれる。また、ホールとも呼ばれる。
H2Oと反応する前に直接、有機化合物から電子を奪い分解してしまう場合もある。

この電子の移動により出現した「O2-」と「・OH」の強い酸化分解力により、近づいてくる悪臭・汚れ付着の原因となる油分・雑菌・有害科学ガス・ウイルス・カビなど有機化合物を無害で単純な物質にまで分解し空気中に発散します。 





光触媒についてもっともっと詳しく知りたいお客様はこちらのサイト
(パルクコート公式サイト http://www.palccoat.com/)をご覧ください。

光触媒についてよくあるご質問

シックハウスに効くってほんと?

高い効果があります。
シックハウスの原因は揮発性の有機化合ガス(VOCガス)。
光触媒は消臭効果と同様に危険な有害ガスも分解無害化します。
新築住宅の場合、建材等は厳しい検査の上、採用されていますので基本的には問題ありませんが、入居後にシックハウスを発症する例が多く、その原因は、輸入品の家具やソファー等と言われています。しかし、一度揮発したVOCガスは、室内中に吸着し、その後、ジワジワと発散して人体をむしばんでいきます。入居前に室内全体に可視光型光触媒をコーティングしておけば、発散したVOCガスを分解し続けるので安心です。
但し、締め切った上に光も入らない状態ではNGです。入居直後はよく換気して、なるべくカーテンを開けて光を取り込むことで光触媒の活性を最大限に利用しましょう。

光触媒(ひかりしょくばい)って何ですか?

光触媒とは太陽や室内照明などの光が当を受けることによって、その表面から電子(-)が飛び出します。飛び出した電子は酸素と反応し「O2-」(スーパーオキサイドアニオン)を生成。一方、電子の抜けた穴(+)は大気中の水と反応し「・OH」ヒドロキシラジカルとなります。この2種の強力な分解力によって、汚れの原因となるカビ、コケ、油分などを分解します。また、室内においてはシックハウスの原因となる有害物質や悪臭、雑菌、ウイルスなどを分解除去することができる環境浄化機能を持つ物質です。光が当たることによって繰り返しこの作用が起こり、光触媒自体は変化しません。。ようするに、自然にあふれる光エネルギーを利用し私たちの知らない間にお掃除や空気清浄をしてくれる働き者なのです。

光触媒ってどんな物質ですか?

光触媒作用をもつ物質は多数有ることが判明しています。しかし、その中で群を抜く反応を示す物質が「酸化チタン」です。現在、身の回りで利用されている光触媒はのほとんどは、「酸化チタン」です。

酸化チタンって何ですか?

酸化チタン(TiO2)は、チタン金属の酸化物です。白色の粉末で人畜無害な物質。塗料や絵具などの顔料として、また、ガム、チョコレートなど食品添加物や歯磨き粉や化粧品の着色料として幅広く使用されています。

強い酸化分解力の酸化チタン・・・顔にぬったり、食べたりして平気なの?

 ご心配なく、同じ酸化チタンでも光触媒反応の起こり難い結晶構造の違うものを使用しています。酸化チタンは光触媒反応を発揮するアナターゼなどの結晶と、光触媒反応をほとんど持たないルチルなどの結晶があります。ルチルは主に白色着色用に使われ、アナターゼは光触媒の原料として使われます。

光触媒はいつからあるのですか?

光触媒の歴史をさかのぼると1950年代に金属の光反応という形で発表されたのが始まりです。まだ、その頃は光触媒という言葉は無く、1967年東京大学助教授(当時)の藤嶋昭先生が科学雑誌ネイチャーで発表「光触媒」という言葉と「酸化チタン」、光を当てるだけで水を分解し水素得る新技術として世界的に注目を浴びます。しかし、大量の水素を得るには効率が悪く実用化は難しいとこの夢のような技術も徐々に忘れ去られてしまいます。その後も藤嶋先生は研究を重ね、様々な物質を分解する事や超親水性を発見。超親水性とは撥水の反対で水を弾かないで親しむという意味。要するに物質の表面に酸化チタンの膜を作るとその表面で水か広がる現象が起こります。よって、汚れなどが付着していた場合、水がその内側にもぐりこみ汚れを洗い流してしまう特性を得ます。1990年代にはりTOTOと共同開発をして水を流すだけできれいになるタイルを発表。この辺りから光触媒に火が着きます。2004年に第1回を迎えた光触媒展では多くベンチャー企業も出展、その後2~3年はまがい品も多く、いくつもの団体がそれぞれの基準で運営し統一がとれず、光触媒の信頼を失いかねない様な無法期間が続きました。その後、2006年4月業界として製品規格を定め、消費者の皆様に製品性能や安全性等を明示することが喫緊の課題と考え、業界が一団となり経済産業省の指導のもと「光触媒工業会PIAJ」が設立、2008年頃からだいぶ淘汰され落ち着きを見せ始めます。それでも、まだまだ、怪しい企業も多く契約金ビジネスなど被害は続いているようです。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

定休日でもホームページからのご注文は受付けております。


楽天ID決済


ロハスショップ アマゾン店


ロハスショップ 楽天店

ページトップへ