光触媒について

光触媒についてよくあるご質問

シックハウスに効くってほんと?

高い効果があります。
シックハウスの原因は揮発性の有機化合ガス(VOCガス)。
光触媒は消臭効果と同様に危険な有害ガスも分解無害化します。
新築住宅の場合、建材等は厳しい検査の上、採用されていますので基本的には問題ありませんが、入居後にシックハウスを発症する例が多く、その原因は、輸入品の家具やソファー等と言われています。しかし、一度揮発したVOCガスは、室内中に吸着し、その後、ジワジワと発散して人体をむしばんでいきます。入居前に室内全体に可視光型光触媒をコーティングしておけば、発散したVOCガスを分解し続けるので安心です。
但し、締め切った上に光も入らない状態ではNGです。入居直後はよく換気して、なるべくカーテンを開けて光を取り込むことで光触媒の活性を最大限に利用しましょう。

光触媒(ひかりしょくばい)って何ですか?

光触媒とは太陽や室内照明などの光が当を受けることによって、その表面から電子(-)が飛び出します。飛び出した電子は酸素と反応し「O2-」(スーパーオキサイドアニオン)を生成。一方、電子の抜けた穴(+)は大気中の水と反応し「・OH」ヒドロキシラジカルとなります。この2種の強力な分解力によって、汚れの原因となるカビ、コケ、油分などを分解します。また、室内においてはシックハウスの原因となる有害物質や悪臭、雑菌、ウイルスなどを分解除去することができる環境浄化機能を持つ物質です。光が当たることによって繰り返しこの作用が起こり、光触媒自体は変化しません。。ようするに、自然にあふれる光エネルギーを利用し私たちの知らない間にお掃除や空気清浄をしてくれる働き者なのです。

光触媒ってどんな物質ですか?

光触媒作用をもつ物質は多数有ることが判明しています。しかし、その中で群を抜く反応を示す物質が「酸化チタン」です。現在、身の回りで利用されている光触媒はのほとんどは、「酸化チタン」です。

酸化チタンって何ですか?

酸化チタン(TiO2)は、チタン金属の酸化物です。白色の粉末で人畜無害な物質。塗料や絵具などの顔料として、また、ガム、チョコレートなど食品添加物や歯磨き粉や化粧品の着色料として幅広く使用されています。

強い酸化分解力の酸化チタン・・・顔にぬったり、食べたりして平気なの?

 ご心配なく、同じ酸化チタンでも光触媒反応の起こり難い結晶構造の違うものを使用しています。酸化チタンは光触媒反応を発揮するアナターゼなどの結晶と、光触媒反応をほとんど持たないルチルなどの結晶があります。ルチルは主に白色着色用に使われ、アナターゼは光触媒の原料として使われます。

光触媒はいつからあるのですか?

光触媒の歴史をさかのぼると1950年代に金属の光反応という形で発表されたのが始まりです。まだ、その頃は光触媒という言葉は無く、1967年東京大学助教授(当時)の藤嶋昭先生が科学雑誌ネイチャーで発表「光触媒」という言葉と「酸化チタン」、光を当てるだけで水を分解し水素得る新技術として世界的に注目を浴びます。しかし、大量の水素を得るには効率が悪く実用化は難しいとこの夢のような技術も徐々に忘れ去られてしまいます。その後も藤嶋先生は研究を重ね、様々な物質を分解する事や超親水性を発見。超親水性とは撥水の反対で水を弾かないで親しむという意味。要するに物質の表面に酸化チタンの膜を作るとその表面で水か広がる現象が起こります。よって、汚れなどが付着していた場合、水がその内側にもぐりこみ汚れを洗い流してしまう特性を得ます。1990年代にはりTOTOと共同開発をして水を流すだけできれいになるタイルを発表。この辺りから光触媒に火が着きます。2004年に第1回を迎えた光触媒展では多くベンチャー企業も出展、その後2~3年はまがい品も多く、いくつもの団体がそれぞれの基準で運営し統一がとれず、光触媒の信頼を失いかねない様な無法期間が続きました。その後、2006年4月業界として製品規格を定め、消費者の皆様に製品性能や安全性等を明示することが喫緊の課題と考え、業界が一団となり経済産業省の指導のもと「光触媒工業会PIAJ」が設立、2008年頃からだいぶ淘汰され落ち着きを見せ始めます。それでも、まだまだ、怪しい企業も多く契約金ビジネスなど被害は続いているようです。

コメントする

名前

URL

コメント

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

定休日でもホームページからのご注文は受付けております。


楽天ID決済


ロハスショップ アマゾン店


ロハスショップ 楽天店

ページトップへ