光触媒について

光触媒とは

光触媒の優れた機能


「ひかりしょくばい」?なんだか難しそうですが、簡単に説明すると・・・  光触媒加工された表面に、空気中を浮遊しながら近づいてくる「細菌・雑菌・カビ菌・ウイルス・シックハウスの原因となる化学物質・悪臭・ヤニ汚れ・・・」の有害物質などを光の力で分解無害化してしまう作用のこと。
 その正体は「二酸化チタン」。チタン合金は軽くて丈夫、体に良いと、現在
もてはやされているおなじみの金属。その主原料のチタンを酸化させたものが「二酸化チタン」。 二酸化チタンは『太陽光や室内照明などから出る日常的に存在する光の力』を受けることによって、その表面で強力な分解力が生まれ
ます。また、製品に使用するコーティング剤「PALCCOAT」は人畜無害で安全です。コーティングされた二酸化チタン自体は半永久的に変化しないため、光が当たる限り繰り返しこの作用が持続する不思議な物質なのです。
 ようするに、光触媒は 『光が当たることによって様々な有害物や悪臭、汚れなどを分解し、快適環境を繰り返し作り続けます。』


光触媒とは……
Photocatalyst
酸化チタンの持つ特性で、太陽光や蛍光灯などの光エネルギー(紫外線)があたると、その表面に強力な酸化分解力が発生し近づいてくる様々な物質を分解します。酸化チタン自身は何ら変化しないため、光を受けることによって、この作用が繰り返し起こります。


酸化チタンとは……
Titanium Dioxide
酸化チタンは白色の粉末(超微粒子)で古くから白色顔料として使用されています。塗料をはじめ歯科材料、歯磨粉、化粧品など、また無味無臭で人畜無害なため食品添加物(着色料)としてホワイトチョコレート、お菓子、ガムなどにも幅広く使用されています。
  • ※正確には「二酸化チタン」ですが、食品添加物の表示で「酸化チタン」とするように義務付けられています。

光触媒のしくみ
酸化チタンに光エネルギー(紫外線)が当たると、その表面から電子(-)が飛び出します。飛び出した電子は空気中にある酸素と結びつき「O2-」(スーパーオキサイドアニオン)を生成します。

電子が飛び出した表面はプラスの電荷を帯び空気中の水分(H2O)から電子を奪い元に戻ります。一方、電子を奪われた水分は「・OH」(ヒドロキシラジカル)となります。
電子の抜けた穴があき「プラスの穴」正孔(せいこう)と呼ばれる。また、ホールとも呼ばれる。
H2Oと反応する前に直接、有機化合物から電子を奪い分解してしまう場合もある。

この電子の移動により出現した「O2-」と「・OH」の強い酸化分解力により、近づいてくる悪臭・汚れ付着の原因となる油分・雑菌・有害科学ガス・ウイルス・カビなど有機化合物を無害で単純な物質にまで分解し空気中に発散します。 





光触媒についてもっともっと詳しく知りたいお客様はこちらのサイト
(パルクコート公式サイト http://www.palccoat.com/)をご覧ください。

コメントする

名前

URL

コメント

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

定休日でもホームページからのご注文は受付けております。


楽天ID決済


ロハスショップ アマゾン店


ロハスショップ 楽天店

ページトップへ