光触媒について

光触媒パルクコートに関する Q&A

Q: 光触媒と普通の触媒とは、どこが違うのですか?

A:触媒とは、「それ自身は変化しないが、反応を促進するもの」と定義づけられます。よって、光触媒とは、「それ自身は変化しないが、光を受けることによって反応を促進するもの」となります。



Q: 光触媒にはどんな物がありますか?

A:光触媒になる物質には、光伝道物質、半導体及び有機金属錯体がありますが、市販されている光触媒は、ほとんど半導体である二酸化チタン(白色の粉末)です。


Q: 光触媒はどのように利用されますか?

A:二酸化チタン光触媒に光が照射されると、活性酸素が発生します。

  この活性酸素が光触媒表面に吸着した有機物を酸化分解します。

  この分解作用が、防汚、脱臭、殺菌、ガス分解等の分野に利用されます。


Q: どんな光でも光触媒に作用するのですか?

A:二酸化チタン光触媒が作用する光は、主に400nm以下の波長の紫外線です。

  この紫外線は太陽光中に約3%含まれており、蛍光灯の光にもわずかに

  含まれており私たちの生活環境に常に存在しています。また、研究開発が進み可視光に反応する光触媒も製品かされています。


Q: 弱い光でも光触媒に作用するの?

A:一般の生活レベルでの消臭・除菌などは蛍光灯に含まれる紫外線でも十分な効果が得られます。ただし、飲食店や喫煙室など除去したい物質の発生量が多い場合は、ブラックライト(UVランプ)等で紫外線量を確保することが有効になります。


Q: 光触媒及び光触媒により発生する活性酸素は人体に有害ではないの?

A:二酸化チタンは、以前から化粧品や食品添加物として使用されており人畜無害で安全な物質です。また、発生した活性酸素種は光触媒表面から空気中に飛び出して漂うような事はありませんので、人体内に取り込まれることはありません。


Q: 光触媒の効果は持続するのですか?

A:光触媒は、それ自身は変化しませんので、基材の表面に存在する限り、半永久的に効果が持続します。ただし、光触媒表面への汚染物の蓄積量が分解量を上回る場合は、光触媒機能が蓄積量に負け徐々に機能を失ってしまいます。ただし、蓄積した物質を取り除けば光触媒機能は復活します。施工に当たっては、目的、状況に応じ、膜の機能密度および膜厚、溶液の選定、紫外線量の確保など事前調査に基づき対応します。


Q: パルクコートはなぜバインダー(接着剤)を必要としないのか?

A:バインダーとは、粉末状の酸化チタンを膜にして固定するために用いる接着剤のことです。酸化チタン自体は無害であっても、バインダーが有害です。また、有機バインダーの場合、光触媒作用により分解され膜が劣化してしまいます。パルクコートは、特許工法による水溶性酸化チタン(水に溶ける性質)と純水のみの安全無害なコーティング剤です。乾燥後の膜は酸化チタン成分のみで、経時変化を起こさない安定した状態を維持します。


Q: パルクコートの液は二酸化チタンがなぜ沈殿しないのですか?

A:パルクコートに含まれる二酸化チタンはペルオキソ基という官能基が結合していて、周辺に配位するイオン同士が反発することで酸化チタンを水中に浮遊させています。


Q: パルクコートの安全性が高いというのはなぜですか?

A:パルクコートには酸化チタンと水以外の物質は含まれていませんから非常に安全です。



Q: パルクコートはどんな基材にも塗布出来るのですか?

A:どんな基材にも塗布可能です。ただし、プラスチックや塗装面のように有機物の面で、かつ、直射日光が当たる場所に塗布する場合は、光触媒を直接塗布すると、基材表面が光触媒機能により安定せず、膜がはがれてしまいます。このような場合は必ず、基材表面に無機質の保護層を塗布し、この上に光触媒を塗布します。また、撥水性の強い基材に塗布する場合も、下処理や添加剤の併用が必要な場合があります。


Q: パルクコート塗布膜の寿命はどのくらいですか?

A:パルクコートの塗布膜は基本的には劣化しませんが、基材の劣化に伴い剥がれ落ちることがあります。ガラス、タイルのような無機基材の表面に塗布した場合は半永久的と言えますが、その他の場合は基材の性質、寿命に準じて変化します。


Q: パルクコートを室内や車内に塗布する場合も必ず

  保護剤を塗る必要はありますか?

A:パルクコートのラインナップには光触媒機能と定着性を兼ね備えたタイプがあり直接塗布が可能です。このタイプは、光触媒機能を持つアナターゼ結晶二酸化チタンと光触媒機能を持たないアモルファス二酸化チタンの混合液で、室内や車内において十分な定着性と光触媒機能を発揮します。


Q: パルクコートを塗布した場合、虹色の千渉膜が出来る事はありませんか?

A:酸化チタンは屈折率の高い物質です。基材が濃い色の場合などに、光の乱反射で虹彩色がでます。このような基材には、パルクコートを出来るだけ少量ずつ薄く、回数を多くして均一に塗布します。


Q: パルクコート液はどのように保存すればよいですか?

A:常温で光の当たらないところに保管します。ただし、0℃以下では凍結しますので、寒冷地では注意が必要です。5℃~15℃が理想的です。また一度取り出した液は元の容器に戻さないで下さい。

コメントする

名前

URL

コメント

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

定休日でもホームページからのご注文は受付けております。


楽天ID決済


ロハスショップ アマゾン店


ロハスショップ 楽天店

ページトップへ